2002.02 System update notes
-- 2002年02月のシステム・アップデート・ノート
[→PREV][→NEXT]
[←BACK][↑HOME]
bar
[→ Profile][→ System update notes][→ Computer at random][→ BBS][→ Software library][→ Index page]

このページの記事一覧
2002.02.28 今月のアフターフォロー(2002/02)
2002.02.23 CD-R焼き用マシンのドライブ接続構成変更
2002.02.22 MIFES for Windows バージョンアップ
2002.02.05 PrimoCD DeLuxe 購入
2002.02.04 LinuxをFAX受信マシンに

2002.02.28 今月のアフターフォロー(2002/02)
 主力デスクトップ マシン(crusader II)で使っている40.9Gバイト(Maxtor 94098U8)のハードディスクの残り容量が少なくなってきたので、交換することにしました。

 120Gバイトの IDEハードディスク Maxtor DiamondMax D540X 4G120J6 がまだ1個余っていたはずなんで、これと交換するつもりだったのですが、これが消息不明…。

 今年初めにまとめてハードデイスク一覧(関連記事)を見ても、DiamondMax D540X 4G120J6 は確かに3個買っている。その中の2個はファイルサーバ(draken II関連記事)とLinuxマシン(venom III関連記事)に取り付けた。このシステム・アップデート・ノートにもちゃんと書いている。

 ということは1個どこかに残っているはずなのに出てこない。

 知らない間にどこかのマシンに取り付けたのかと、使用中のマシンをチェックしてみたけど、さすがにそんなことは無かった(でも、使っていないハードディスクがケースに中に残っていたりすることはよくあるのよ)
 実は最初から2個しか買っていなかったのかとレシートをチェックしてみたら、ちゃんと3個分あったし。

 ずどこかにあるはずと、執念で三日三晩家捜ししていたら出てきた。

 どこから出てきたのかはプライベートなことなので書かないけど、とにかく見つかって一安心。
 ハードディスクの換装も無事に終了しました。

最近見たパソコン雑誌/書籍
DOS/V magazine 2002-03/15 (ソフトバンクパブリッシング)
インターフェース 2002-04 (CQ出版社)
PC USER 2001-03/8 (ソフトバンクパブリッシング)
Windows2000 World 2002-04 (IDGコミュニケーションズ)
日経ソフトウェア 2002-04 (日経BP社)
Linux Japan 2002-04 (五橋研究所秀和システム)


  この記事へのコメント
コメントはありません。


名前 内容 -5638-を右に入力
 名前は10文字、内容は100文字以内で入力してください(半角の場合は倍の文字数まで)。
 もっと長いコメントや感想は掲示板(BBS)に投稿してください。


2002.02.23 CD-R焼き用マシンのドライブ接続構成変更
 CD-R焼き用マシン(wiluna II)のドライブの接続/構成を少し変更しました。
 以前も書きましたが、このマシンに接続しているDVD/CD-Rドライブ RICOH MP9120A の調子がどうも悪くて、リブートするとドライブを認識しなくなります。

ケース内部
SCSIと合わせて5本のケーブルが通っているので配線はぐちゃぐちゃ。電源の上にハードディスクが収納できるシャドウベイがあったのでなんとかなった。

 また、先日(関連記事)購入した PrmimoCD DeLuxe を使っているときに気が付いたのですが、CD-R作成後にベリファイしている最中にCD-Rドライブが認識不能になってしまうこともあります。

 最初はドライブそのものが悪いのかと思っていましたが、接続方法かケーブルの品質が悪いのではないかと思うようになってきました。
 どうも接続しているインターフェースの帯域をいっぱいいっぱい使うとハングアップしやすいみたいで、CD-Rドライブは書き込みより読み出しのほうが速いのでベリファイ時のほうが落ちやすいと。
 それでドライブの接続構成を変更してみることにしました。

 このマシンに接続されているIDE/ATA機器は、ハードディスク×4台(うち3台はリムーバブルケース)、CD-Rドライブ×1台、SuperDisk(LS-120)×1台の計6台です。
 ハードディスク4台のうち3つは5インチベイにセットしているリムーバブルケースで、この3つはプライマリに接続する必要があります(セカンダリだと不便なんで)。
 とにかく、これまでのところは次のように接続していました。

IDE/ATA プライマリ セカンダリ
標準 1 リムーバブルケース(1) SuperDisk (LS-120)
標準 2 リムーバブルケース(2) DVD/CD-R MP9120A
拡張 1 リムーバブルケース(3)  
拡張 2 ハードディスク  

 マザーボードはGIGABYTEのGA-BX2000+で標準のIDE/ATAコントローラ以外に、PromiseチップのIDE/ATAコントローラがついているので、インターフェースは十分確保できます。しかし、ケーブルの取り回しが難しく、4本のフラットケーブルで6台の機器をうまいこと接続するのはけっこう大変です。
 最初、手持ちのフラットケーブルではどうやっても接続できないので、ケーブルを自作しなければだめかと思いましたが、ケース内部に3.5インチハードディスク用のシャドウベイがあって、これを使うとなんとか接続できました。
 結果、新しい接続構成は次のようになりました。

IDE/ATA プライマリ セカンダリ
標準 1 リムーバブルケース(1) SuperDisk (LS-120)
標準 2 リムーバブルケース(2)  
拡張 1 ハードディスク DVD/CD-R MP9120A
拡張 2 リムーバブルケース(3)  

 問題のあったRICOH MP9120Aは標準IDE/ATAコントローラからPromiseチップIDE/ATAコントローラのほうに移動したのですが、リブートするとドライブ認識しなくなる問題は解決しました。何枚かCD-Rも焼いてみましたが、今のところベリファイ中に落ちることもなくなったようです。

 この前は失敗したPrmimoCD DeLuxeでの4台同時8倍速書き込みも、今度は成功するかな。後で試してみよう。

  この記事へのコメント
コメントはありません。


名前 内容 -5567-を右に入力
 名前は10文字、内容は100文字以内で入力してください(半角の場合は倍の文字数まで)。
 もっと長いコメントや感想は掲示板(BBS)に投稿してください。


2002.02.22 MIFES for Windows バージョンアップ
 メガソフトのテキストエディタ MIFES for Windows が Ver.6 にバージョンアップしたので買ってみました。
 Webページからメーカー直販で申し込みしましたが、1週間もしないで到着しました。

 MIFES for Windows Ver.6.0 は定価 28,000円で、とてもそんな金額を出してまで欲しいとは思いませんが、既存のMIFESユーザーであれば9,555円で購入できます(2002年5月31日までらしい)。

 Ver.5からの追加・変更点には、

  • 編集可能ファイルサイズが2GBに拡張
  • 1行の長さが最大2000桁に拡張
  • ファイル中の文字コードの自動認識
  • メニューバーのカスタマイズ機能を追加
といったものがあります。

MIFES for Windows Ver.6
MIFES for Windows Ver.6。MIFES標準設定時の実行画面


MIFES for Windows Ver.6
うちでカスタマイズしたMIFESはこれ


 文字コードの自動認識がついたのがちょっと便利になったくらいで、これといった目立つ変更点はありませんが、これまでの Ver.5 のそもそが問題なく使えていたのでこんなものでしょう。

 Ver.5 でカスタマイズしていた内容や、マクロもほとんどそのまま使えたので、Ver.6 にはすぐに移行できました。
 しかし、カスタマスズした内容でそのまま移行すると、旧版と何が変わったのかさっぱりわかんない…。

 しかし、3年前も同じように何が変わったのかわからない、とかいいながらバージョンアップしたんだよなぁ(関連記事)。

【参考資料】

メガソフト

http://www.megasoft.co.jp/

最近見たパソコン雑誌/書籍
C MAGAZINE 2002-03 (ソフトバンクパブリッシング)
UNIXマガジン 2002-03 (アスキー)
月刊アスキー 2002-03 (アスキー)
I/O 2002-03 (工学社)
Software Design 2002-03 (技術評論社)
DOS/V magazine 2002-03/1 (ソフトバンクパブリッシング)
PC Japan 2002-03 (ソフトバンクパブリッシング)
UNIX USER 2002-03 (ソフトバンクパブリッシング)
PC USER 2002-02/24 (ソフトバンクパブリッシング)


  この記事へのコメント
コメントはありません。


名前 内容 -1313-を右に入力
 名前は10文字、内容は100文字以内で入力してください(半角の場合は倍の文字数まで)。
 もっと長いコメントや感想は掲示板(BBS)に投稿してください。

2002.02.05 PrimoCD DeLuxe 購入
 昨日、忘れていたのですけどPrassi(日本での販売はEasy Systems Japan)のCD-R書き込みソフト PlimoCD DeLuxe を買ってみました。

PrmimoCD DeLuxe
PrimoCD DeLuxe パッケージ

 PrimoCDは面倒な設定をしなくても2回クリックするだけでCD作成ができる、というCD書き込みソフトです。
 うちの場合は、最大4台のCD-Rドライブに同時書込可能というのに興味があって買ってみました。

 PrimoCD ではデータCD/音楽CDを作成したりCDをバックアップする作業のことをジョブといい、複数のジョブをまとめて用意しておくことができます。ジョブはWindows 95/98/Meでは最大16個、Windows NT/2000/XPでは63個まで作成できます。
 作成したジョブはCD-R/RWドライブ4台の同時書込制限を越えない範囲で並列に実行することができます。また、並列動作できないジョブは順番に実行するように指定することも可能です。

 最近、何枚もCD-Rを連続して作成することがあるのですが、いちいちCD-Rを入れ替えるのが面倒なんで、このような機能を持ったPrimoCDを買ってみました。

 うちにはRicohの5連想CD-R/RWドライブMC104Sがあるのですが(関連記事)、PrimoCDの対応ドライブには名前があるのですが残念なことにチェンジャー機能のは対応していません。チェンジャー機能に対応していればCD-R5枚を連続作成することもできたのに…。
 うちのCD-R書き込みマシンには RICOH MP9120A (ATAPI) と RICOH MC104S (SCSI) が取り付けてありますが、MC104Sはまともな対応ソフトないし書き込み速度も最大4倍速と遅いので外すことにしました。
 かわりに TEAC CD-R58S (SCSI)を取り付け、更に外付でSANYO CRD-RW2 (SCSI) と PLEXTOR PX-W1610TA (USB 2.0) を取り付けました。
 外付けした SANYO CRD-RW2 は、以前使っていた Panasonic LK-RW602(初めて買った2倍速書込のSCSI外付CD-Rドライブ)のケースを使い中身のドライブだけ入れ替えました。
 PLEXTOR PX-W1610TA は製品としては RATOC RCD-U2PX16PCI で付属のUSB 2.0インターフェースカードREX-PCIU2を取り付け、USB 2.0で接続しました(関連記事)。

 これで取り付けたCD-R/RWドライブは、

  • RICOH MP9120A (ATAPI)
  • TEAC CD-R58S (SCSI)
  • SANYO CRD-RW2 (SCSI)
  • PLEXTOR PX-W1610TA (USB 2.0)

PrmimoCD DeLuxe
PrimoCD DeLuxe の画面。複数のジョブを用意して並列して書き込むことができる

の4台になりました。

 OSはWindows 2000 Professionalでこの構成で8倍速で4台同時書き込みをやってみましたが、4台中3台が書き込み失敗(実際にはテスト書き込ですけど)

 まず、BURN-ProofやJust Linkといった書き込みエラー防止機能のないTEAC CD-R58SとSANYO CRD-RW2はバッファーアンダーランでエラーになりました。
 RICOH MP9120A が最悪でドライブがハングアップするようです。このドライブはリブートすると認識しなくなるし、たまにCD-R書き込み終了後にドライブがハングアップすることもあるし、何かの拍子に使えなくなるようです。

 次はBURN-ProofとJust Linkに対応している2台は8倍速、残り2台は4倍速という構成でテストしましたが、これは一度は成功しました。しかし、RICOH MP9120A はその後もハングアップすることが何度かありました。このドライブはどうも信用できないようです。

 今のところ確実に動いているのは4倍速で4台同時書き込みです。作業的には4倍速×4台で16倍速とみなせば、16倍速で順番に4回書き込みしても書き込み時間は同じです。
 並列書き込みはそれなりに厳しいみたいなんで4倍速×4台よりも、8倍速×2台×2回とか分けたほうが時間は同じでも確実かもしれません。PrimoCD はジョブ毎に書き込み方法を指定できるので、ドライブの台数さえあれば並列書込も順次書込も手間は同じですし。

 ともかくPrimo CD は複数のCD-Rを効率よく連続作成するには便利に使えそうです。

2002.02.23 追記

 RICOH MP9120A が認識不能/ハングアップする現象は接続構成を変更すると直ったようです(関連記事)。

【参考資料】

Easy Systems Japan

http://www.easy.co.jp/

Prassi Europe

http://www.prassieurope.com/

  この記事へのコメント
コメントはありません。


名前 内容 -1811-を右に入力
 名前は10文字、内容は100文字以内で入力してください(半角の場合は倍の文字数まで)。
 もっと長いコメントや感想は掲示板(BBS)に投稿してください。

2002.02.04 LinuxをFAX受信マシンに
 うちのFAX(関連記事)が壊れてしまったみたいで、着信しなくなりました。

 実際には外付のFAXモデムなんですが、メモリを内蔵していてパソコンの電源が切れていても単独でFAX受信できる装置なのです。
 着信以外はちゃんと機能しているようなんてすが、うちではFAXを受信するためだけにこれを使っていたので、なんとかしなければなりません。
 最近、FAXはほとんど使わないのですが、たまに資料とかがFAXで届くこともあるのでなければやっぱり困る、というわけで新しい受信用FAXを調達することにしました。

 たまにしか使わないFAXのために場所をとる機器をかまえるのは不本意ですけど一時はプリンタ/スキャナ/FAX複合機でも買おうかと考えました。
 実際、秋葉原まで行って色々と見て回って、安い製品を見つけたのですが在庫切れで買えませんでした。
 しようがなく、そのまま帰ったのですが昔使っていた MICROCOM の28.8kbps FAXモデム V.32 ES II があったのを思い出して、とりあえずは適当なパソコンをFAX受信機にすることにしました。

 配線やら24時間稼動マシンの都合とかを考えていると安定性の面からもLinuxを使うのが一番いいという結論に達しました。
 それで Mgetty+Sendfax というソフトをインストールして使ってみましたが、簡単に動いてしまいました。

 ちょっと試した範囲では動作も安定しているようだし、LANがあれば受信したFAXデータはどのマシンからでも読めるし、思っていたよりも便利でした。
 LinuxのFAX受信は一時的な対処のつもりでしたが、何にも問題ないのでこのまま使うことなしました。

 しかし、引っ張り出した28.8モデム(V.32 ES II)は8年くらい前に買った製品だけど、丈夫だよなぁ。
 やっぱ、くさっても MICROCOM なのね(そういえば Compaqに買収された後、どうなったんだ)

【参考資料】

○Mgetty+Sendfax Archive/Documentation Centre

http://www.leo.org/~doering/mgetty/

  この記事へのコメント
コメントはありません。


名前 内容 -5025-を右に入力
 名前は10文字、内容は100文字以内で入力してください(半角の場合は倍の文字数まで)。
 もっと長いコメントや感想は掲示板(BBS)に投稿してください。
bar
[→PREV][→NEXT]
[←BACK][↑HOME]
PAGE HIT: 00009176  外部へのリンクはページ制作時のものです(後日、修正する場合もあります)。URL が変更されたりページが削除された場合はリンクが切れている可能性がありますがご了承ください。